こんにちは。

恋愛婚活アドバイザーの

「やもめの優」です。

 

今回は、婚活サイトに登録する、

養育費を払っている男性を

再婚対象として女性は見てくれるのか?

というテーマで書きます。

 

養育費は支払うことが義務とされて

います。

 

しかし先日、養育費は義務であるにも

かかわらず、実際は44%の人しか

養育費を支払っていないことを知って

私は驚きました。

 

ですから、養育費をきちんと支払って

いる男性は子供に対し最低限の責任は

果たしていると思うので、胸を張って

いいと思うのですが、いざ婚活になる

と負い目を感じながら活動している

男性は意外と多いのです。

 

なぜなら、同じ離婚経験者でも、女性の

方はすでに子育てを終えて婚活中の人が

ほとんどのため、養育費を支払う男性と

一緒になることで負担が増えるのは御免

と考えるのが一般的だからです。

 

そのため、恋活ならともかく婚活に

なると、養育費を支払っている男性は

条件が悪い人とみる女性は多いのです。

 

では、養育費を払っている男性は、

婚活する女性から再婚対象外として

見られてしまうのでしょうか?

 

養育費を支払っていてもいい、子供に

対する責任を果たそうとしている人と

付き合いたいと言ってくれる女性は

いないのでしょうか?

 

安心してください。

 

今回の取材で、男性が養育費を支払って

いても、好意的にみてくれる女性は

少数派ですがいることがわかりました。

 

そんな神のような女性達の声を本文で

紹介していますので、読んでもらう

ことで少しでも自信を持って貰えたら

と思います。

 

また、私は自らが恋活(婚活)する中で、

養育費を支払っていることを知ったこと

去っていった女性と、逆に知っても

全く動じなかった女性の両方に出会った

経験があり、その体験談も披露しています

ので、どうぞご覧ください。

 

そして、どんなマインドで今後婚活を

続けていったら良いかについても書いて

いますので、あなたの今後の婚活の

少しでもお役に立てたら幸いです。

 

そもそも養育費とは?

 

 

養育費とは、子どもを監護・教育する

ために必要な費用。

 

一般的には、経済的・社会的に自立して

いない子が自立するまでに要する費用で、

生活に必要な経費、教育費、医療費など

をさします。

 

この自立していない子どもに対する

養育費の支払義務(扶養義務)は、親の

生活に余力がなくても自分と同じ生活を

保障するという強い義務(生活保持義務)

だとされています。

 

その証拠に、自己破産した場合でも、

子どもの養育費の負担義務はなくなら

ないのです。

 

養育費はいつまで?いくら払うの?

 

養育費を払っていることを負い目に

感じてしまうのは、子育てが終わって

から婚活を始めた女性と結婚となった

場合、そのお相手にも将来経済的負担

をかけてしまうことになるからです。

 

養育費はいつまで、いくら払えば

いいのでしょうか?

 

いつまでについては、子どもの高校の

卒業、20歳まで、大学の卒業まで等

見解は様々です。

 

知り合いで調停をした人の話では、

子供が20歳になるまでが多いと

言っていました。

 

また、いくら払えばいいかについては、

これも調停をした方の話では、

1人3万円が相場だと言ってましたが、

金額こそもっと見解は様々です。

 

養育費支払い義務者の年収が800万円

の人と、年収400万の人の養育費が

同じでは不自然ですから。

 

まあ、いずれにせよ、再婚したら

家計の負担になることは間違いないため、

どうしても負い目に感じてしまいます。

 

養育費を払っていることを伝えた時の女性の反応

 

 

養育費を払っていることを伝えた時の

女性の反応は様々だと思いますが、

私の経験では反応は完全に2つに

割れました。

 

以下、私の経験談を話します。

 

かなりの衝撃を受けて離れていった女性

 

その女性は、私より2つ年下で成人

された子供が2人いる人でした。

 

負い目に感じている養育費を払っている

ことをマッチングアプリで知り合った女性

初めて打ち明けた時は緊張しました。

 

でも、子供と一緒に生活することは出来

なくなったけど、経済的責任はきちんと

果たしていくという、当たり前では有り

ますが、そういう強い気持ちを持っていた

ので、負い目はなく、むしろ堂々と

話したのです。

 

ところが結果は散々たるものでした。

 

女性は自分の結論を言う前に何度も

私に、「あなたが浮気したの?

暴力をふるったの?」と尋ねてきました。

 

私の場合はどちらもなく、、

性格の不一致が最大の原因と、

正直に答えた後の彼女の返しに

衝撃が走りました。

 

「元奥さんも、あなたも甘すぎる。

元奥さんは、離婚したいと主張して

別れたのなら、覚悟を決めて子育て

しなきゃいけないわ。」

 

「多くのシングルママは養育費も貰えず、

自力で子供を育て上げてるんです。」

 

「子どもに罪はないのはわかります

けど!」

 

「私は子育てを終えて、第二の人生を

謳歌しようと思ってるの!

この先、心配事はない方がいいので!」

 

とまあ、これが手書きのメッセージ

だったら殴り書きになってただろうと

いう位にメール文中にビックリマークが

いくつも入っていて、血の気がすぅーと

引いていくのを感じました。

 

翌朝、普通に朝の挨拶を交わした時、

いつもと変わらない様子だったので

一安心しましたが、それもつかの間

でした。

 

その日の夜。

 

「いろいろ考えましたが、あなたの状況

理解してくれる人がきっといるはず

だから、その人と進展してください。」

 

と最後のメッセージを受信したのでした。

 

聞かされても動じなかった女性

 

マッチング直後から意気投合出来た

その女性は、私より2つ年上で成人された

子供が3人いる人でした。

 

近々でお付き合いがスタートする予感が

ありありでしたので、私は早々に養育費

支払い中のことは話しておこうと決めて

いました。

 

前回の女性に完全否定されたことで臆病

なっていましたが、最初にこの大きな壁

を理解してくれる人でなければこの先

付き合えないと思っていましたので。

 

ただ、前回の女性に話した時の反応が

まだ尾を引いており、まともにぶつけて

いく勇気はありませんでした。

 

そこで考えたのが、友達から作戦。

 

友達だからというスタンスで話す分には

私への当たりは柔らかいと思えたし、

仮に辛い否定される言葉を投げられても

傷は浅くて済む。

 

メッセージ交換を開始した時から、

まずは友達からをアピールして、

少しずつ間合いを詰めていき、いよいよ

その日が来ました。

 

ところがその日の彼女のメールのテンポが

早過ぎて、なかなか話を切り出せません。

 

そこで、「ちょっとスピードを落として!

話があるから。」と告げたのです。

 

そうしたら、

「メールだとさ、うまく伝わらないから

電話がいいと思うよ。」と言ってくれ、

LINE電話でのやりとりが始まることに。

 

勇気を振り絞り、

「私は条件の悪い男。養育費を払ってるし、

将来の年金も年金分割という方法で一部

献上の予定なんです。」と打ち明けました。

 

すると反応は、友達作戦が功を奏したのか、

衝撃を受けている様子はありませんでした。

 

むしろ、「与え過ぎじゃない?大人しそう

だから元妻にいいようにヤラレてない?

しっかりしなさい。自分の将来も

考えないと。」と励まされる始末でした。

 

彼女は、プロフィール内に表示される

相手に求める条件の中で、収入について

問わないと回答していたように、お金

にはあまり執着していない様子でした。

 

LINEに入る前のメッセージの中でも、

「この歳でお金残してどうするの?

これからはいかに時間を共有出来るかが

大事なんだよ。」

 

と言っていたので、この人なら大丈夫

かもという期待があったのです。

 

この人とならやっていけるかもと思った

瞬間でしたね。

 

養育費を払う男性を世間の女性は再婚対象として見てくれるのか?

 

 

前章では、私が出会った女性の話を紹介

しましたが、世間の女性は養育費を払う

男性をどう見ているのでしょうか?

 

果たして再婚対象として見てくれるのか?

をYahoo!知恵袋から集めてきました。

 

自信喪失しそうな評価

 

【クエスチョン】

結婚を考えている彼には、前妻、子供2人がいます。毎月支払っている養育費は、2人分で8万円です。

養育費の支払いは、下の子供が18才になるまでの7年間続きます。あと7年間でクリア出来るという

考えで前向きな気持ちで頑張ろうとは思いますが、いくつか不安な部分があり質問させていただきます。

前妻の考えが変わり、養育費の支払い期間を延長される可能性がゼロとは言い切れません。

離婚の際、公正証書で約束を交わしていても、前妻にその権利があれば、将来延期の申し立てをされる

ことも十分に考えられます。彼が8万円の養育費を払うと、手元に残る毎月のお金は16万円ほどに

なります。養育費の支払いについては当然の義務ですし、それを承知の上で結婚を考えていますので、

そのことに対しては不満を持ってはいけないと思います。ですが、これからの2人の生活もあります。

2人で頑張って働いて、チャンスがあれば私も彼の子供を生みたいです。それでも前妻から要求された

場合は8年目以降も支払い続ける義務があるのでしょうか。私たちの新しい家庭のために私が働くことは

苦になりませんが、前妻との子供たちのために私も働いているんだという思いはしたくありません。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

【アンサー:①】

彼が家裁申し込み、養育費減額申し立てをする。養育費は減額することできます。家裁で話あって

もらってください。ただ、わざわざ養育費払う人と結婚して苦労するより、初婚の人を見つけた方が

いいのでは?金の切れ目が縁の切れ目なんです。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

【アンサー:②】

厳しいことを言います。ごめんなさい。私は公正証書まで作ったにも関わらず、月々の養育費も支払いが

滞った時点で一括支払いの書面を交わした慰謝料も踏み倒されている状態で、二人の子供を育てています。

生活はキツいです。上の子供は中学生になりましたが、入学に必要なものを揃えるのも本当に大変でした。

義務教育ですらですよ?子供を育てると言うことは、言葉でなど表せないほどの苦労と苦悩があります。

元奥様に金銭だけでは埋められない、育児の悩みも丸投げしているのです。子供のことを考えれば、

簡単に恋愛することすらできません。子供を手放した側だけが、何の苦労もしないのは、納得いきません。

確かに彼の離婚理由があなたにない限り、あなたは納得し難いと思います。しかし、彼は責任を果たそうと

しているなら、それをとがめたりらなさらないで頂きたいです。将来が不安なまま、彼と結婚をすることは

オススメできません。きちんと彼の気持ちを伺った上で、今後のお二人の方向を決められてはいかがでしょうか?

確かに、減額なども可能です。ただ、1人で子供を育てている立場としては、子供が独り立ちするまで父親に

責任があると、私は思います。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

勇気づけられる評価

 

【クエスチョン】

バツイチで養育費を払ってる男を選んだあなた。これからもずっとその人といられますか?

引用元:YAHOO!知恵袋

 

【アンサー:①】

養育費も払わないような無責任な人の方が人間性を疑いますね。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

【アンサー:②】

はい、いられます。実際この春まで払っていました。我が家にも3人子供がいる上に養育費、正直経済的には

かなりきつかったですが、わかって結婚したのだし、その子も主人の子供ですから。親としての責任がこれで

終わったわけではありませんが、一段落着いたと話しています。ちなみに入学や卒業の折にはお祝いも渡して

きましたし、学資保険も渡しています。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

【アンサー:③】

むしろ、養育費も払わないような男だったら、結婚なんかしないでしょ。好きにもならないわ。

結婚とは責任でしょ?子供を持つのも責任。だったら成人まできちんと育てるのは親の責任。

たとえその男性がバツイチでも、バツ2でも、3でも、子供に責任を持てない男性なら好きにならない。

バツ3で養育費払ってる男と、バツイチで養育費払ってない男だったら、過去のバツが多くても好感がもてます。

実際に婚活市場では、離婚歴のある男性の場合、養育費の有無は確認します。払っていない男性はお断りしています。

養育費が高額の場合でも、子供が病気などであれば協力して払うよう努力します。高額すぎてこちらの生活が

ひっ迫したら、裁判所で審査してもらって、適正な金額に減額要求はするかもしれません。

それでも、誕生月、入学の祝いの月などに、プラス1万円などを支払うよう旦那に言うでしょうね。

我が子に責任の持てない男性に、自分の一生を捧げられません。旦那が頑張るのなら、それを支えますよ、妻として。

あたしをもらってくれる男がいるのなら、ね。えーん、婚活、進まないよぅ。

引用元:YAHOO!知恵袋

 

結論:養育費を払う男性でも再婚相手として見てくれる女性はいるが自己研鑽は大事

 

 

前述の自信喪失しそうな評価では、

世の女性の「養育費を払ってる男なんか

やめなさい。」派の意見を紹介しました。

 

正直な意見として、やめなさい派の女性

の人が多いだろうと思っています、残念

ながら。

 

だって、それまで一人で苦労して子ども

育て上げたんですから。

 

その苦労が折角終わったばかりなのに、

また子育てするのは(金銭的に)御免!

思われても仕方のないことと思って

しまいます。

 

一方の勇気づけられる評価では、覚悟が

出来てる素敵な女性もいるんだという

ことがわかり、嬉しい限りです。

 

ですから、養育費を払う男性でも女性

次第では再婚相手として見てくれると

いうこと。

 

否定派は多いと思われますが、

一定程度は肯定派もいることに希望を

託して、「どうせダメなんでしょ。」と

思わずに活動していきましょう。

 

ただ、なかなか肯定派の女性には出会え

ないと思いますので、自己研鑽を怠ら

ないことが大事です。

 

養育費は義務なのですから、本来とがめ

られる話ではないと思うのですが、

それが問題として取り上げられるのは、

男性の経済力が乏しいからに他なりません。

 

養育費は払っているけど、

新しい女房にお金の苦労は絶対させない!

という気概をもってバリバリ稼ぎ

安心させてあげましょう。

 

養育費を払う男性に理解がある女性はどこにいるのか?

 

では、養育費を払っている男性に理解

を示してくれる神のような女性はどこに

いるんでしょうか?

 

マッチングサービスでいうならば、

離婚経験がある女性が多く集うところに

登録すれば、出会える可能性は高まる

と言えるでしょう。

 

下記の記事は、やもめの優が実際に実践

して一定程度の成果をあげたサービスを

紹介していますので、ぜひご覧になって

ください。

 

そして負い目を感じずに伸び伸びと活動

して欲しいと思っています。

 

関連記事:恋活婚活おすすめ商品ランキングBEST5【やもめの優が厳選】

 

【まとめ】

 

 

養育費とは子どもを監護・教育する

ために必要な費用であり、努力目標では

なく義務です。

 

しかし、婚活をする女性の多くは子育て

を終えてから活動し始めるケースが多い

ので、男性で養育費を払っている立場

では負い目を感じてしまいがちです。

 

その養育費をいつまで、いくら払うかは、

支払義務者の年収を考慮し話し合いで

決めるもの。

 

「やもめの優」が出会った女性に

養育費のことを話した時の、女性の

反応を紹介しました。

 

それは、衝撃を受けて去っていった

女性と、聞いても動じなかった女性の

お話。

 

養育費を支払う男性を、世間の女性はどう

見ているのか調べたところ、養育費を払う

男性に対して否定派の女性が多いものの、

一定程度の肯定派の女性がいたこと

嬉しい限りでした。

 

しかし、肯定派の女性に出会うのは

少ないと思いますので、常に自己研鑽

が大事。

 

養育費を支払っていることが婚活の

障害になるのは、男性の経済力が乏しい

からに他ならないです。

 

養育費は払っているけど、

お金の苦労はさせない!という強い

気持ちを持って再婚したい女性を安心

させてあげましょう。

 

養育費の最新記事↓↓↓ランキング急上昇中

養育費を払ってる人と女性は結婚出来ますか?それとも論外でしょうか

 

関連記事↓↓

やもめの優とはこんな人、プロフィール紹介

 

このブログではメルマガ読者を募集中!

 

お得な期間限定の案内や、ブログでは

書けないことはメルマガでこっそり教え

ちゃいます。

 

メルマガ登録はこちらから。

メルマガランド入口

 

※また、メルマガ登録はしないまでも、

この記事を読んでの感想や意見、

お前にひとこと言ってやりたい!

でもいいです。

 

メッセージいただけますと、とても励みに

なります、お気軽にお声がけください。

 

 

⇒ やもめの優へひとこと言ってやりたいを送る

 

それでは今回はこのへんで、

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

「やもめの優」でした。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村