こんにちは。

婚活/恋愛アドバイザーの

やもめの優です。

 

今回は、

『女が結婚を決意した時の決め手、

男が別れを決意した時の決め手とは?』が

テーマです。

 

記事の中盤から、一般の男女250人ずつに

募ったアンケート結果をランキング形式で

紹介していますのでお楽しみに。

 

男女とも、結婚という人生を左右する大きな

決断をするにあたり、決定的な出来事=決め手

があったと言っています。

 

その決め手は男女共通なのかな?

 

結婚の決め手なら〇〇が上位に来るに

決まってる!

 

いろんな想像が働きますが、単にアンケート

結果に目を通すだけでなく、

 

結婚の決め手にランクインした状況が

つくれれば、あなたもグッと結婚に近づける

かもしれないし、逆に別れる決め手が回避

出来れば、大事な人と決別しなくて済む

ということが言えると思うのです。

 

この記事が、あなたの恋愛や結婚生活に

少しでも役に立てたら幸いです。

 

女優が結婚を決意した時の決め手

 

 

まず最初に、ここ数年内に生涯の伴侶を

射止めた芸能界のビッグネーム、女優2人

のケースをみてみましょう。

 

「女性がなりたい顔」というアンケートを

とると、常に上位にくる石原さとみさん。

 

彼女は2020年に一般男性と結婚

しましたが、結婚を決意した時に決め手に

なったキーは、「親孝行」でした。

 

石原さんは以前マスコミの取材で結婚願望

について尋ねられた時、

「親が体調を崩した時は、孫の顔を見せたい

って思ったこともあった」と口にするほど、

家族への思いが強い方でした。

 

そんな石原さんのハートを射止めた男性も、

家族をとても大事にする方で、それぞれの

家族をお互いに大切にし、家族との時間が

最も重要なものだと考えている点が、

石原さんの考えとピッタリ一致していた

そうです。

 

もう1人の女優さんは、モデルやナレーター

などもこなす蒼井優さん。

 

彼女は2019年に、お笑いタレント出身

ですが今や司会業などもこなすマルチタレント

の山里亮太さんと結婚しています。

 

彼女が山里さんとの結婚を決意した時に

決め手になったのは、

「金銭感覚が似ている」

「しんどいくらい笑わせてくれる」

だったそう。

 

この2人のエピソードにあった結婚の決め手

になったものは、『価値観の一致』でした。

 

親や家族を大切に思う気持ちが一致した、

金銭感覚が似ている、

しんどいくらい笑わせてくれるは、

笑いのツボが一緒=価値観の一致ということ

になります。

 

この『価値観の一致』という結婚の決め手は、

芸能界だけに限らず、広く世間の男女に浸透

していることを示すアンケート結果が先ごろ

発表されたので、次の章でご紹介します。

 

一般女性が答えた結婚の決め手になったこと

 

 

このアンケートは、保険マンモス株式会社

という企業が、女性250人から結婚の

決め手になったことを募ったものに

なります。

 

年齢の属性は、20代が23%、

30代50%、40代が18%、

50代が8%、60代が3%。

 

ランキング形式で7位から1位までを

みていきましょう。

 

第7位は、『食の好みが同じ』

 

これもある意味、価値観の一致になりますね、

結婚とは生活ですから、毎日3食食べる

食の趣向が似ていることは大事なことかも

しれません。

 

趣向が合わなければ食費も作る手間もかかり

ますし、逆に好きな食べ物が一緒なら、行列

の出来る店にも一緒に並べることでしょう。

 

第6位は、『仕事などの悩みを真摯に聞いてくれた』

 

・職場内恋愛で、新入社員の時に人間関係で悩んでいたら、頻繁に声を掛けてくれるようになった。

・私が仕事で困った時も、すぐに助けてくれた。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第5位は、『笑いのツボが同じ』

 

これは蒼井優さんのエピソードでも出て

きましたが、同じ場面で笑えるのは大切な

ことですね、安心出来る。

 

第4位は、『趣味が同じ』

 

これも価値観が一致の一種と言えるのでは

ないでしょうか。

 

同じ趣味があると老後も楽しみという人

がいますから、同じ趣味を持つことは

長続きする秘訣かも。

 

第3位は、『価値観、性格が合う』

 

・部屋が散らかっていても何も言われなかったから。

・しばらく会ってなくて久々に会った時に、お互いに同じ本をおすすめしようとした。

・私が9割、相手が1割話す感じの会話が良かった。

・連絡頻度が自分のペースと合っていた。

・子供の頃にハマっていたドラマがおなじだった。

・猫を飼っている人だったから。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

 

第2位は、『一緒にいてストレスがなく楽しい、自然体でいられる』

 

・ただ部屋で一緒にダラダラしていることに苦痛を感じず、居心地がいいなと思ったこと。

・今まで人の寝息など聞こえると寝れなかったが、今の旦那さんだけは安眠できた。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第1位は、『辛いときにそばで支えてくれた』

 

・私が体調を崩した時に遠距離にも関わらず日帰りで会いにきてくれた。

・熱を出して私が寝込んでいる時、彼は仕事に行かないといけなくて心配した彼が大きな手で不器用に握ってくれたおにぎりを食べた時。

・悩みを話したときに私に寄り添って泣いてくれたこと

・風邪で高熱が続きお風呂にも入れず、すっぴんで髪もボサボサで顔もむくんで変な顔でも「かわいい」と言って会社を休んで看病してくれた時。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

一般男性が答えた結婚の決め手になったこと

 

 

結婚の決め手となったことの、男性編も

ご紹介しましょう、対象は女性と同じ数の

250人の男性です。

 

男性の年齢属性は、

20代が17%、30代が40%、

40代が30%、50代が10%、

60代が3%。

 

第7位は、『笑顔が可愛い』

 

女性のランキングでは全く出なかった容姿

についてのことが男性側では結婚の決め手

になったと答えています。

 

第6位は、『転勤についてきてくれた』

 

海外か国内かわかりませんけど、住み慣れた

街を捨てて付いてきてくれたのならば、結婚

を意識せずにはいられないですね。

 

第5位は、『価値観、性格が合う』

がやっぱりという感じで上位にランクイン。

 

・映画の感動ポイントが同じところだった。

・好きだから見て欲しいと、冬のソナタを全話見せられたことがありました。とても面白かったのですが、結構な時間がかかりました。仕返しに(笑)私の好きだった仮面ライダーダブルを全話見せたところ、ハマってくれました。自分が好きなものを受け入れてくれた、また価値観も非常に似ているのだなと感じ結婚しようと思いました。

・日頃の出来事や時事ニュースで感じたことが似てたり、同じだったりしたことです。

・笑いのツボが同じだったこと。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第4位は、『趣味が同じ』

男女ともに4位にランクイン。

 

・のめり込む趣味を持っていることが同じだった。内容は違うけど、共有しなくても完結していた。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

男性のトップ3です、

第3位は、『手料理が美味しい』

 

・作ってくれた弁当の盛り付けがきれいで、美味しかった。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第2位は、『一緒にいてストレスがなく楽しい、自然体でいられる』

が男女とも2位でした。

 

・過去の汚点を話しても、それを含めて受け入れてくれたから。

・一緒に居酒屋に行った時に刺身のツマを美味しそうに食べた時。今まで気取った女の人ばかりだったのでときめいた。

・おっとりしていて一緒にいて安らげた。

・無言でもお互い気にせず、一緒にいる空間が心地よかった。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

そして第1位は、『辛いときにそばで支えてくれた』

が男女ともに1位の結果に。

 

・職場のトラブルで精神的にまいっていたときにさりげなく励ましてくれた。

・風邪で寝込んでたとき献身的に看病してくれた。

・怪我で自宅療養していた時、2日に1回家事しに来てくれた。

・仕事で悩んでいる時に、駆けつけてくれて焼肉を奢ってくれた。

・仕事をしたくないという私を受け止めてくれたこと。

・当時借金をしており、返済のためにお金を貸してくれたことが決め手となりました。

・命の恩人。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

 

関連記事:辛いときにそばで支えてくれる人を見つけられるマッチングアプリ

 

俳優が別れを決意した時の決め手とは?

 

 

一般の男性女性とも結婚を決意した決め手は

『辛いときにそばで支えてくれた』でした。

 

では結婚とは真逆の別れ(恋人同士の破局

や、夫婦の離婚)の場合は何が決め手と

なったのでしょうか?

 

今度は、ここ数年内に離婚された芸能人の

2人の離婚時のメッセージに着目したいと

思います。

 

昨年、女優の篠原涼子さんと離婚された

俳優の市村正親さん。

 

離婚時のコメントでは、

「昨年のコロナによって撮影中は家庭内感染

を防ぐ事からも、別居し役者業に取り組む

生活をするようになりました。」

 

「しかし作品が続いたことで別居が基本の

スタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、

新たなカタチを考えるようになりました。」

 

と離婚の核心が見えてこない大人なコメント

を発表しました。

 

また、市村さんとほぼ同時期に、女優の

鈴木保奈美さんと離婚された石橋貴明さんも、

 

「子育てが一段落した事を機に今後は所属

事務所社長と所属俳優として新たな

パートナーシップを築いて参ります。」

 

と、これまたスッキリしないコメントを

発表しています。

 

まあ、このコメント内容、わからないでも

ありません。

 

結婚の時と違って、おめでたいわけじゃない

からノリで思いの丈を話せないし、変なこと

言えば今後の芸能生活にマイナスになるし、

なによりもういい大人だし。

 

では、テレビに露出することがない一般男性

はどんな回答をしたのでしょうか。

 

一般男性が答えた別れの決め手になったこととは?

 

 

先述の、結婚の決め手になったことを回答

した男性達が、別れの決め手になったこと

ついてもアンケートに回答しています。

 

ランキングをみてまいりましょう。

 

第7位は、『仕事などで時間のすれ違いが増えた

 

恋愛している時は、生活は別なので会う時は

新鮮な気持ちになりやすいものだけど、結婚

は生活です。

 

食べていくために仕方なく2人の時間を犠牲

するケースも出てくることがありますね。

 

第6位は、『喧嘩ばかりになり疲れた』

 

恋愛の時は「あばたもえくぼ」とは良く

言いますが、好き合っている時は欠点が

欠点に見えない、見えてないんだね。

 

だけども時間が経つにつれ慣れあいとなり

相手の態度が鼻につくようになってくる。

 

最初は我慢しているが、いつからか言いたい

こと言い合って修復不能に。

 

ああ、こんなはずじゃなかったのに、

というパターンですね。

 

第5位は、『向こうに好きな人ができた』

 

2人がうまくいかなくなってその穴を誰か

が埋めてくれたケース、または、うまく

いってたけどもっと好きな人が出来ちゃった

パターンか。

 

第4位は、『浮気、不倫をされた』

 

・男友達が多いのは知っていたが、そのほとんどとそういう関係を持っていた。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第3位は、『借金や金銭的なトラブルがあった』

 

もともと浪費癖があったケースと、寂しさを

埋めるために派手にお金を使ってしまった

ケースとあると思いますが、金の切れ目は

縁の切れ目とはよく言ったものです。

 

第2位は、『嫉妬深い、束縛が強かった』

 

ある意味愛されていたのでしょうが、それも

度が過ぎると逃げたくなるものです。

 

そして第1位は、『価値観、性格が合わなかった』

でした。

 

結婚の決め手でも男女ともにランクイン

していましたが、男が別れを決意した時の

決め手は、これが一番になりました。

 

恋愛している時は、一緒にいないときが

多いから(結婚と比較して)価値観が同じ

だと勘違いしていたのかもしれませんね。

 

・毎回プリクラとか撮るのがだるかった。

・分からないことを分からないと言えない人だったから。

・交際期間は1年ほどだったが、ほとんど話が合わず、趣味も違ったので自然消滅してしまった。

・相手が自分のことばかり優先したのでしんどくなった。

・仕事で独立するときに猛反対をされ、独立した後も非協力的で常に皮肉を言われていたから。

・容姿ばかり気にして他人の目をやたらと気にしていたので一緒に居て面倒に感じた。

・自宅にいるとき下着姿でウロウロするのが耐えられなかった。男がそれでもどうかと思いますが、女性なのでもう少し羞恥心をもって欲しかったです。

・相手がどんなに仕事が忙しくても毎週会わないと気がすまなくて面倒くさくなってしまいました。

・相手は外国籍で、一緒になってから文化の違いが浮き彫りになっていった。

・人の悪口ばかりを言う人であまり一緒にいて居心地が良くなかったから。

・料理の好み(味付け)が合わなかった。

・小さな嘘を平気でつく人だったので信用できなくなった。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

一般女性が答えた別れの決め手になったこととは?

 

 

引き続き、一般女性が答えた別れの決め手

を紹介します。

 

第7位は、『向こうの両親、家族と合わなかった

 

・親子そろって宗教家で、結婚するなら入信が条件と言われた。なにを信じるかは自由だけど強要されても困る。

・相手の親戚付き合いが過密すぎた。(最低月1は集合だった)

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第6位は、『連絡や会う頻度の希望が合わなかった』

 

これは、女性側がもっと会いたかった

パターンなのかな。

 

一方の男性はそんなに頻繁に会わなくても

大丈夫な人で、好きなのは私ばかり、、?

というケースか。

 

第5位は、『価値観、性格が合わなかった』

 

・子育ての価値観が違った。

・相手の怒るポイントが分からず怒らせてばかりで辛かったから。

・カラオケの歌い方がどうしても合わなかった。今でも歌い方を思い出してしまい、耐えられないときがある。

・将来は自分の店を持ちたいと夢を語ったので、ついていけないと思った。

・私の夢が看護師で、看護学校にいた時に付き合っていた彼が農家で、一緒に農家を継いで欲しいと言われて夢が交差しないと思った。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第4位は、『マザコンだった』

 

・マザコンであり、お母さんが全てであり、結婚や付き合い、行く場所の計画など全てお母さんと話をしていたこと。家族を大事にすることはいいことだと思いますが、度を越していた。

・何に関してもお母さんに聞いてみる、や、お母さんが言ってた。と言われたので。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第3位は、『高圧的、怒りやすい性格、モラハラ気味だった』

 

・怒りやすく、物にあたる性格だった。

・全部自分の意見を通す人だった。

・店員さんなどへの偉そうな態度に一気に冷めました。

・相手の「女性とはこうあるべき」という理想が強すぎた。

・私の話にオチがないとか、意味がわからないとか、話すことすべてについて間違いを細かく指摘されたり、そんなことをいつも言われていてストレスでした。モラハラですね。私からの誕生日プレゼントが気に入らなかったようで相手が無言になってしまうなど、子供っぽいところも嫌でした。

・一緒にスノボーをしていたとき、急に相手が不機嫌になってゲレンデに3時間くらい置いてきぼりにされた。

・イライラした時に物に当たっていた。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

第2位は、『浮気、不倫をされた』

が男女とも上位にランクイン。

 

そして第1位は、

『借金やギャンブル、金銭的なトラブルがあった』

となりました。

 

・お金を一銭も出さない男だった。

引用先URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000096733.html

 

これは彼氏として、とんでなくケチなヤツ

だったのか、夫として生活費を全く入れて

くれなかったのか、どちらにせよ破局する

のは納得です。

 

まとめ

 

 

『女が結婚を決意した時の決め手、

男が別れを決意した時の決め手とは?』が

今回のテーマ。

 

一般の男女250人ずつに上記のテーマ

でアンケートに答えてもらった結果を

ランキング形式で紹介しました。

 

男女とも、結婚の決め手になったことの

上位には、『価値観、性格が合う』、

『趣味が同じ』、『一緒にいてストレスがなく

楽しい、自然体でいられる』をあげ、

男女とも、結婚の決め手になったこと第1位は、

『辛いときにそばで支えてくれた』でした。

 

関連記事:価値観や性格が合う異性を見つけられる婚活アプリなら

 

一方の別れを決意した時の決め手は、男女

で意見は分かれがちでしたが、

『浮気、不倫をされた』、は共通して上位を占め、

男性が別れを決意した時の決め手の第1位は、

『価値観、性格が合わなかった』となり、

女性の第1位は、『借金やギャンブル、

金銭的なトラブルがあった』となりました。

 

このアンケート結果をご覧になり、

あなたに今、結婚を意識しているお相手が

いるのであれば、今回のアンケートの上位

にランクされたふるまいを心がけては

いかがでしょうか。

 

もっとも、変えようのないものも含まれて

はいますが、努力して改善出来るものも

あります。

 

また、恋人とのお付き合いや、夫婦関係を

立て直したいとお考えなのであれば、別れ

決め手になることは努めて回避するように

してみてはいかがでしょうか。

 

このブログではメルマガ読者を募集中!

 

お得な期間限定の案内や、ブログでは

書けないことはメルマガでこっそり教え

ちゃいます。

 

メルマガ登録はこちらから。

メルマガランド入口

 

※また、メルマガ登録はしないまでも、

この記事を読んでの感想や意見、

お前にひとこと言ってやりたい!

でもいいです。

 

メッセージいただけますと、とても励みに

なります、お気軽にお声がけください。

 

 

⇒ やもめの優へひとこと言ってやりたいを送る

 

それでは今回はこのへんで、

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

「やもめの優」でした。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村