こんにちは、

恋愛婚活アドバイザーの

やもめの優です。

 

今日は私にも耳が痛い、いや深刻に

受け止めなくてはいけない問題に

ついて語ろうと思います。

 

それは、未婚男性の男余りが深刻化

しているという話です。

 

現状どうなってるという話は、

荒川和久氏の記事から引用いたしました。

 

それを読んでいただいた後、男余りの

人の中にあなたが含まれないように

するためにすべきことを考えてみたいと

思います。

 

男余りが深刻化する2020年の未婚人口男女差

 

 

未婚男性の「男余り現象」が止まらない。

「男余り」とは、特に未婚の男女の人口差において、未婚男性の方が未婚女性より多く存在するということを意味する。

「え?日本の人口は女性の方が多いんじゃないの?」という人がいる。

確かに全人口においてはその通りだ。

2020年国勢調査において、15歳以上人口で見れば、男性5365万人に対し、女性は5746万人であり、女性の方が400万人弱ほど多い。

しかし、それは女性の方が長寿であるからであり、こと未婚男女だけに限定して比較すると圧倒的に「男余り」なのである。

2020年の国勢調査による未婚の「男余り」は、約430万人である。

これは、1920年の国勢調査開始以降の最高記録である。

各年齢別にみても、ほぼどの年代も「男余り」である。

女性の方が上回るのは75歳以降で、これは決しておじいちゃんがモテモテだったというわけではなく、未婚のまま男性が先に死亡しているからだ(「いのち短かし、恋せぬおとこ」未婚男性の死亡年齢中央値だけが異常に低い件)。

※配偶関係別集計は15歳以上が対象であり、14歳以下は含まない。

引用URL:https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20220914-00314937

 

2015年から比較すると男余りは若者からおじさん化している

 

 

2015年時点の「男余り」状況を掲載する。

以前は約340万人だったものが、不詳補完値では約408万人へと増加したことになる。

2015年と2020年とを比較してみると、2015年はわずかに20-30代の若年層の男余りの方が多かったのだが、2020年になると完全に40-50代の中年未婚に逆転されてしまっている。

つまり、未婚といっても、今では「未婚おじさん余り」になっているのである。

年齢別の5年間の比較をすると明らかだが、20-30代では「男余り」人口が少しだけ減少しているのに対し、40-50代では10万人以上も増えている。

これは、この5年間で35-44歳の未婚男性があまり結婚していない(できなかった)ということを意味する。

だからといって20-30代未婚男性が結婚しているというわけではない。

この世代の絶対人口そのものが減少しているためにすぎない。

さらに、注目なのは60代以上の未婚「男余り」が増えていることだ。

これは、以前に比べて高齢未婚男性が少しだけ長生きしていることによるだろう。

未婚男性の死亡中央値が67歳とはいえ、それでも以前に比べれば全体的に寿命は延びているからだ。

このままの推移でいけば、やがて、この「未婚のおじさん余り」がそのまま「未婚のおじいさん余り」へと移行していくだろう。

未婚者といえば、今までは若い人たちを指すものと相場が決まっていたが、20年後には未婚者とは高齢者を指すものになるかもしれない。

未婚という言葉は、「未だ婚姻せず」というものだが、もはや婚姻する可能性がゼロに近い高齢者にいつまでも未婚という言い方をするのもおかしなものである。

60歳をすぎた未婚者は「無婚者」という呼び方でもいいのかもしれない。

引用URL:https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20220914-00314937

 

未婚の男余りが起きる原因とは?

 

 

さて、なぜこのような未婚の「男余り」が起きるかについては以前も書いた通りである。

簡単にいえば、そもそも男女出生比が1,05で男児が多く、昔のように乳幼児死亡率も高くない現代では、ほぼ生まれた子はそのまま無事に成人する。

毎年5%ずつ多く生まれる男子が累積することにより「男余り」が生まれる。

そして、もうひとつは「時間差一夫多妻制」によるものである。

既婚男性が離婚再婚を繰り返し、再婚のたびに初婚女性とくっつくことが多いために、一度も結婚したことのない未婚男性が割を食うというものだ。

詳しくは→離婚再婚を繰り返す「時間差一夫多妻男」のカゲで生涯未婚の男たちが増えていく。

いずれにしても、約1850万人の未婚男性に対し約430万人もの未婚男性が余っているのは事実だ。

要するに、これは全ての未婚女性が結婚したとしても430万人には相手がいないということである。

その割合は未婚総数に対して実に23%にも達する。

「恋愛強者3割の法則(強者3:中間4:最弱者3)」に照らせば、恋愛最弱者の3割層のほとんどは相手がいないということである。

残念ながら、海外に活路を見出そうとしても無駄である。

「男余り」はほぼ全世界において共通だからだ。

日本の10倍以上の人口を誇る中国では、2010年段階で約3000万人の「男余り」だった。

であれば、「相手がいなんだからしょうがない」と割り切り、結婚相手を見つけるより、自分の打ち込める趣味などを見つけたほうが、人生の満足度は高まるだろうし、世の中の経済も活性化するだろう。

「余り」とは「豊か」であるという意味でもある。

引用URL:https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20220914-00314937

 

男余りの中に含まれないために!マッチングアプリを試すべき

 

 

この荒川和久氏の記事をご覧になって、

あなたは何か感じるものがありましたか?

 

2015年から比較すると2020年では

男余りの年齢帯は確実に上がっており、

数年後にはおじさん余りからおじいさん余り

になるという悲劇的な予測も立っています。

 

私、まさにそのどストライクの年齢帯に

いるのでとても他人事とは思えないですね。

 

そこで考えてみました、男余りの中に

含まれないためにすべきことがあるんじゃ

ないかと。

 

すべきこと、、

 

真っ先に浮かんだのは、

マッチングアプリで多くの異性と

触れ合うべきなのだと。

 

男余りの中に含まれてしまうのは、異性の

目に魅力的に映らないからだと自覚した方

がいいと思います。

 

魅力がないから余るのだと。

 

逆に魅力があれば、前述の記事の中の

時間差一夫多妻男の側に入れるかも

しれない、と思うのです。

 

そのために、マッチングアプリで女性と

触れ合うべきだと思うのです。

 

ただでさえ、控えめで目立たないそこの

あなた。

 

コロナかが長引いて、ますます女性から

縁遠くなっていませんか。

 

そんな境遇を打ち破るためにも

マッチングアプリを使ってリハビリを

してみましょう。

 

街頭でナンパしてみよと言ってるわけじゃ

ないのでハードルはいたって低いです。

 

誰でも簡単に登録が出来て、月にかかる

費用はお小遣いの中で十分にまかなえる

レベルで、ネット上で女性と触れ合える

んですから使わない手はありません。

 

やり方はカンタン。

 

検索画面にはたくさんの女性が次から次

へと表示されるので、写真を見て、

プロフィールを読んで、ピンときたら

いいね!をタップ(クリック)するだけ

です。

 

はじめのうちは、いいね!してもスルー

される、マッチングしてもすぐフラれる

の繰り返しになると思いますが、それで

いいんです。

 

数当たるうちに、フラれても引きづること

なく次へいけるフットワークが生まれ、

どうしてフラれたのか反省を繰り返すうちに

少しずつ、女性との間合いの詰め方が

分かってくるんです。

 

そうなると、焦りの気持ちが消えて

やがて余裕が生まれてきます。

 

これを繰り返していくと、少しづつ恋愛

偏差値が上がっていき、あなたは少しずつ

魅力ある男性に変わってゆく、、

 

そうやって鍛えていけば、リアルに会う

場面でも余裕をもって対応が出来るよう

になりますって。

 

男余りの中に含まれないために、ぜひ、

マッチングアプリを使い倒して欲しいと

思います。

 

※ではどんなマッチングアプリを利用

したらよいかは、最近まとめたこちらの

記事をご覧になってください。

 

関連記事:恋活婚活おすすめ商品ランキングBEST5【やもめの優が厳選】

 

 

まとめ

 

 

荒川和久氏の記事を読み、未婚者に限定して

男女の数を比較した場合、2020年時に、

女性に対して男が約430万人も余る状況

とのデータがあり、現在も進行中であること

わかりました。

 

2020年の5年前のデータでは、20-

30代の若年層に男余りの傾向が高かった

のが、5年後には40-50代が大幅に

増え、60代以上の未婚男余りも増えて

いるとの報告も入っています。

 

この男余りの原因としては、男女出生比率

で男児が多いことと、離婚後に再婚を繰り

返す”時間差一夫多妻男”が初婚の女性を

奪っていくせいだとの推測が立っています。

 

この不名誉な男余りの対象の中に含まれ

ないためには何をすべきかを考えて

みました。

 

男余りに含まれてしまうのは、自分に

魅力がないからだと自覚すべきだと

思います。

 

そして、魅力ある男性に変わるために、

気軽に出来るマッチングアプリを利用して

恋愛スキルをアップさせ、魅力的な

男性になることを提唱したいと思います。

 

マッチングアプリは誰でも簡単に登録が

出来、利用料はお小遣いで賄えるレベル。

 

それでいて、街頭でナンパをするような

度胸も要求されず、検索してピンときたら

いいね!するだけです。

 

最初はフラれまくるでしょうが、そのうち

次から次へ攻めていくフットワークが生まれ、

フラれて反省する毎に恋愛のスキルが少し

ずつ上がってきます。

 

場数を踏んで余裕が出てくると、女性には

あなたが魅力ある男性に写るかもしれない。

 

男余りの中に含まれぬよう、行動あるのみ

です!

 

このブログではメルマガ読者を募集中!

 

お得な期間限定の案内や、ブログでは

書けないことはメルマガでこっそり教え

ちゃいます。

 

メルマガ登録はこちらから。

メルマガランド入口

 

※また、メルマガ登録はしないまでも、

この記事を読んでの感想や意見、

お前にひとこと言ってやりたい!

でもいいです。

 

メッセージいただけますと、とても励みに

なります、お気軽にお声がけください。

 

 

⇒ やもめの優へひとこと言ってやりたいを送る

 

それでは今回はこのへんで、

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

「やもめの優」でした。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村